オスグッドについてくわしく

オスグットシュラッターとは?

オスグッドについて

一般的損傷メカニズム

多くの場合、成長期の運動刺激が発症の原因といわれています。骨の発育が著しいため運動すると筋肉が伸ばされたまま収縮をおこなう伸張性収縮という状態になります。

さらにオスグッドシュラッターを発症する年齢の人の膝前面の脛骨粗面という部位はまだ完全に骨化していないため大腿四頭筋の強い伸張性収縮が膝蓋靭帯に伝わりつづけ、その牽引力がこの病気の原因になります。
特に、12才~15才の男子に圧倒的に多いです。

一般的治療

大腿四頭筋をストレッチして筋肉の緊張をとり柔軟性をつけ、脛骨粗面に負担をかけている牽引力を減少させることを目的として行います。
その他、安静、冷却、ステロイドホルモンの局所注射、マッサージなど

どのようなスポーツでおこりやすいか

バスケットボール、バレーボール、サッカーなどジャンプをくり返すスポーツや野球

ふじわら接骨院・整体院

〒7630093香川県丸亀市郡家町288-12