TFCC患者の中で厳しい部類でしたが4カ月でゴルフボールが打てるようになりました!

お客様写真

1.初回来院時の症状はどうでしたか?

昨年6月ゴルフの練習で左手首を痛め、痛みを我慢して続けていたところ、8月には手首が腫れてタオルも絞れなくなりました。来院は10月15日でした。

2.ふじわら接骨院 整体院に来院する前は、その症状に対してどの様な対応をしていましたか?

行きつけの接骨院で電気 冷却 手首を締める等行いましたが、全く変化なく9月に整形外科にてレントゲン、MRIを撮りました。診断結果は耳慣れない「尺骨つきあげ症候群&TFCC損傷」
必ず治る治療法は無いと言われました。

3.初めてふじわら接骨院 整体院に来院する前に何か不安に思う事はありましたか?

「香川県でTFCCに強い整体院」で検索したところふじわら接骨院 整体院がアップされました。ここでダメだったら県外を探そうと、とにかく「わらをもすがる気持ち」でしたから全く不安はありませんでした。

4.ふじわら接骨院 整体院の施術を実際に受けてみてどうでしたか?

私自身が転勤族で色々な場所で施術の名人と言われる人達との出会いがありましたが、ふじわら先生に最初の治療を受けた時、名人かもしれないと思いました。
治療の内容がまるで違う。斬新かつ革新的という強烈なインパクトを受けました。同時に痛みが治まり35年間続けてきた大好きなゴルフが再び出来るようになるかもしれないと期待がふくらみました。
しかし、先生からは「あなたの症状はTFCC患者の中で厳しい部類だ。最善を尽くすがゴルフが出来るようになるかは分からない。日常生活に支障を来たさないところまでは保障します。」と。
厳しい現実を理解し納得するのに少し時間がかかりましたが、先生に教えられたリハビリと冷却を根気よく続けたところ、腫れはひき手首の可動域も確実に拡がって行きました。そして来院から3カ月半、なんとタオルが絞れるようになったのです。そして、4カ月でゴルフボールが打てるようになりました。無論クラブを握る時は手首をしっかりテーピングすることが肝要です。

春の訪れと共にコースでプレイも可能を確信しています。
ふじわら先生の神の手により奇跡が起きました。正に新たなゴルフ人生の出発です。

5.どの様な方に当院を勧めたいですか?

ゴルフやテニス、手首を使う仕事で痛めている人はたくさんいると聞きます。いつ迄経っても治らずに焦っている人、落ち込んでいる人はTFCC損傷かもしれません。
治療してもらうだけでなく、自分の力で治していくツボを教示頂けますから必ずトンネルの出口が見えてくると思います。

香川県丸亀市 古賀 正浩様 67才

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

左手の甲が痛くて全く動かなかったのが一回で動くようになり、痛みも楽になりました。 お客様写真
デカルバン病(腱鞘炎)とばね指であれほど動かなかった手首と指が1回の施術である程度動くようになり、今までは何だったんだろう?と思いました お客様写真
手首の痛みで病院ではギブスで固定されましたが痛みが消える事はなかったので、1回の施術で動いた時はびっくりしました! お客様写真