自律神経の症状 4つの原因

自律神経の症状 4つの原因

1.化学的ストレス

体内に入ってくるストレスのことで、一番大切なのは食事による栄養素の過不足及びその質の問題です。
その他、タバコ、排気ガス、低酸素状態、大気汚染等

2.温度・湿度のストレス

暑すぎる、寒すぎる、寒暖の差が激しい(季節の代わりめ)等
構造的ストレスや精神的ストレス、化学的ストレスを多くかかえている状態の人は温度や湿度の変化だけでも自律神経の症状が出てしまいます。

症状の出るギリギリ状態で生活しているためなのですが本人はいつも通りだと思っているため
「思い当たることがあまりないのですが」という事になるのです。

3.構造的ストレス

頭頚椎移行部型自律神経失調症を代表に不良姿勢等による後頭骨と首の間のずれや背骨のゆがみ(猫背等)内臓の機能低下によるストレスで、この状態がくせになり日常化しているとすぐに体が緊張したり、イライラしたり、自律神経失調症の症状を起こしやすくなります。

4.精神的ストレス

・今現在受けている家庭、職場、学校等での人間関係の悩み、将来の不安等へのストレス
・幼少期を含む過去に受けた心の傷やトラウマの抑制による苦しみ、悩みによるストレス
・うつや自律神経失調症の症状に対する怒り、恐怖、あせり、不安
・その他死別、別れ、ペットロスなどの悲しみ等

 

これらのストレスが身体症状となって出てきます。
心と体は1つ。体の声は心の声です。

【例】腹の立つことを我慢した時や悲しさを我慢した時のことを少しの間思い出してください。

くちびるを噛みしめている、握りこぶしをしている、眉間にしわがよっている、顔、首、肩、背中、お腹に力が入っている

体のさまざまな筋肉が緊張していると思います。そう、それは体の筋肉を緊張させることによって我慢している感情が出ないように抑圧しているのです。
「抑圧された感情は体を使って表現するのです!!」

4つのストレスに対する対応

1.化学的ストレスに対する対応

ふじわら接骨院 整体院ではうつ病や自律神経失調症の予防や改善が期待できる食物等をまとめた資料をお渡ししております。食物は薬ではありませんのでただちに改善はしませんが、今日から食べるものによって明日からのあなたの体が作られていきます。

2.温度・湿度のストレスへの対応

暑さや寒さをがまんしない、お腹・手足を冷やさない
これらは日常生活において患者さん自身で気をつけることが可能です。

3.構造的ストレスへの対応

当院は整体院ですので体を整えるプロとして得意な分野です。

自律神経失調症やうつ、パニック等を起こす原因となっている・脊柱のゆがみ(特に頚と頭のつなぎ目)をやさしく無理のない力で施術していきます。

・内臓の症状や機能低下に対して内臓をやさしく無理のない力で施術していきます。

・自律神経失調症やうつの方は呼吸が浅くなっており、そのためにエネルギーを作り出す力が弱くなってますます元気が出なくなるという悪循環になっている場合が多いです。ふじわら接骨院 整体院では深くおだやかな呼吸ができるようにやさしく無理のない力で施術しております。

・ストレスは頭の骨、頭がい骨の動きを悪くしたり、少しゆがませたりして症状を悪化させますので頭がい骨に対しやさしく無理のない力で施術しております。

4.精神的ストレスへの対応

ふじわら接骨院 整体院で構造的ストレスと並んで最も重要視しているストレスです。

「心と体は1つ」
切り離して考えることはできません。

患者さん自身が精神的ストレスが原因だと気づいている場合も多いのですが、たとえ顕在意識レベルでは気づいていなくても体の症状は心の症状
「心からの声」
なのです。特に原因不明と言われている症状は心からの訴えの場合が多いのです。

ゆえに患者さんにとって大変につらく苦しい症状であってもその症状には必ず
「意味」「伝えたい事」
があるのです。あなたの症状(体の声)は何を訴えているのでしょうか?

その答えが分かった時、症状の改善ばかりでなくそれ以降のあなたの考え方や生き方も前向きに発展していくことでしょう。ふじわら接骨院 整体院ではイメージ療法、セラピーを駆使してあなたの精神的ストレスに真剣に向き合います。