不安 後悔と不眠症について

不安 後悔と不眠症について

不安 後悔と不眠症の関係

1.未来型睡眠(不安 先送り感 先のばし感等)

「明日どうしよう…」と未来に不安を感じたまま布団に入っている状態です

2.過去型睡眠(後悔 やり残し感等)

「あの時 ああすれば良かった…」と過去の終わったことに対してストレスを感じたまま布団に入っている状態です

これらの状態では今の自分の心身のエネルギーを未来の自分や過去の自分に取られてしまいます。その悩みや不安、後悔の感情が深く、重く、長いままだと心の病気になってしまうか、もうなってしまっているかもしれません。

※症状の重い方は先に専門医療機関(精神科 心療内科)を受診しておいてください。

ふじわら接骨院 整体院では症状の重い方は基本的に

最新脳科学イメージ療法 ヒプノセラピーを受けていただきます。

根本原因がわかり多くの方が症状が改善され
眠れるようになった、薬の量が減ったと喜ばれております

ふじわら接骨院・整体院

〒7630093香川県丸亀市郡家町288-12