前世療法とは?

前世療法とは?

前世療法は米国精神科医 ブライアン・ワイス博士著書「前世療法」で世界中に知られるようになりました。
前世療法は催眠状態で潜在意識レベルでの前世の記憶や前世のイメージを思い出して1つのストーリーとして体験してもらう事によって
今世の自分の問題や悩みの軽減 解消 気づき また死に対する理解を深める心理療法です。

前世の存在について

前世が本当に存在するかどうかは現時点では不明です。私の体験で言うとどこからどこまでが前世でどこからどこまでが前世のイメージなのかわかりませんでした。ただし、私の顕在意識レベルでは自分が前世で女性だったとは1度も考えたことがありませんので、少しびっくりして不思議に思いました。

ただし、セラピーとしては涙が流れ、深い癒しや気づきがあり大変満足しました。それゆえ私の体験を含めて前世があるかどうかはセラピーとしては関係なく、仮に前世のイメージであっても心理療法としては有効性があると思います。
大切なのはその体験によって
「何を思ったのか」
「何に気づいたのか」
「何を学んだのか」
です。

「う~ん、あの体験のすべてをセラピーの時間内でイメージしたり想像する事も難しいと思うなあ~。でも全部本当の前世かと言われると…う~ん」

ある?ない?に単純にフォーカスするとこんな感じです。